はじめに

 住宅のコンセプトやそのコンセプトに合致したハウスメーカーがある程度決まったら、住宅展示場に足を運んでみましょう。
 最初に注意しておきたいのはモデルハウスは当然ですがどのハウスメーカーも素敵に建ててあります。マイホームを考え始めた人にとっては、どれも素敵に見えることが多いです。特に最初に訪れたメーカーの印象は強く残り、なんだかんだで最終候補まで残ることが多いとも聞きます。ただそれは適切にメーカーの選定が出来ているかは疑問が残ります。マイホームの計画を楽しみながら進めるのは良いことですが、浮かれすぎて冷静な判断が出来なくならないように気を付けましょう。
 
 では住宅展示場に行った際に「何を見たらよいか?」を私なりに以下にまとめます。

●住宅展示場で見るべきこと

【マイホームのコンセプトに合致するハウスメーカーの様子を見る】
 
 これは住宅展示場に行く一番の目的と言えるでしょう。良さそうなハウスメーカーを見に行って、どんな家なのかを確認する。住宅展示場で一番あたりまえな行動です。
 で住宅展示場にあるモデルハウスですが、多くのモデルハウスは一般的な住宅に比べて広く大きくて、設備もグレードが良いものになっています。(「現実的な大きさのモデルハウスです。」等のキャッチコピーがあるもの以外)
 これはハウスメーカー側の立場から考えると当然のことで、モデルハウスというものは大きな展示場で大手メーカーでも2~3棟ぐらいしかありません。その中で自分たちが出来ることを最大限アピールしなければならないので、出来る限り大きく作って、出来る限り良く見せる様になっています。なので最初は広さ等を参考にするのではなく「このハウスメーカーはどんな家を建てるのか?」という雰囲気やコンセプトを感じましょう。
 逆にハウスメーカーの立場に立って考えると、違った見方が出来るかと思います。あなたがハウスメーカーの人だとして、展示場に1棟のモデルハウスを建てるとしたらどのようなモデルハウスを建てますか?その答えは一般的には「自社の特徴活かして、得意な分野を前面に出した家」となるはずです。なのでモデルハウスを見て感じた印象やコンセプトはそのハウスメーカーの特徴そのものなことが多いです。個人的な好みを別にして、モデルハウスを見て気に入ったメーカーは、最終的にもあなたのコンセプトに合うことが多いと思います。
コンセプト
【今後の家づくりを任せられる営業さんを探しに行く】
 
 私としては、これが一番大事なことな気がします。でその上でとっても重要な注意事項です!!モデルハウスに入って、色々見学していると必ずアンケートの記入を要求されます。場合によってはアンケートの記入をしないと資料を渡してくれないメーカーとかもあります。
 しかし簡単にアンケートに記入してはいけません!!これはこのホームページで伝えたいことNo.1と言っても過言じゃないくらい大事なことです。
 なぜなら、そのアンケートに記入した後に対応した営業さんが、あなたの営業担当になることが大半だからです。他のページでも解説する予定ですが、家を建てるに際に打合せ等で知識はもちろん増えていきます。しかし当然ですが家のこと全てを熟知できるわけではありません。必ずどこかで担当の営業さんを信用して任せる場面が出てきます。具体的な例を挙げると住宅の見積りを作成してもらった時に、その見積り内容を細かにご自身で確認できるでしょうか?計算の確認ぐらいは出来ても単価の根拠等までつぶさに調べるのは物理的に不可能だと思います。その時に「この営業さんで大丈夫かな?」と思いたくないですよね。
 なので、流れとしてはアンケートの記入は「この営業さん良いな。」と思える営業さんと出会えてからアンケートを記入するようにしましょう。気に入った営業さんと出会えたら、逃さないようにアンケート記入時に「あなたが担当してもらえるんですよね?」と確認しても良いくらいです。
 ちなみに「担当を変えれば良いんじゃない?」と思う人もいるでしょう。結論から言うと担当を変えることは可能です。しかし「担当を変えてください。」と伝えることになり、そのメーカーに対して居心地が悪くなってしまいます。
 この後も、気持ちよく家づくりを進めるために「この営業さんに担当してもらいたい。」と思える人をまずは探しましょう。
営業さん
【間取りや広さのイメージを把握する】
 
 図面や想像では広さの間隔は掴みにくいため、モデルハウスで実際の広さを感じるのは誰もが通る道だと思います。ただ上にも書いたようにモデルハウスは広く作ってあります。なのでモデルハウスでは全体的な広さではなく、「リビングは何畳ぐらいが良いか?」「寝室は10畳ぐらい欲しい。」といった部屋単位での間取りの大きさを感じるぐらいが現実的な検討になります。家全体の広さについてはモデルハウスではなく、実際の物件等を見学させてもらって感じる方が良いと思います。
間取りイメージ
【インテリアやデザインを参考にする】
 
 外壁や内装、インテリアなどモデルハウスは色々とこだわって作られているだけあって、とても参考になる部分が多いです。こういったデザイン部分を検討する際にもモデルハウスはとても良い場所と言えます。特に内装に関してはフローリング・壁紙・建具・カーテン等、数えきれない種類の素材の中から選ぶ作業が待っています。さすがにゼロからではなく、せめて雰囲気だけでもモデルハウスでイメージしておくと後の作業でらくになります。
インテリア