はじめに

 さて、ここではマイホームの計画でよく聞く言葉「坪単価」を中心に説明していきます。
 まずは坪単価について最初に簡単に説明しておきますが、実はしっかりとした定義があるわけではないのです。しかし一般的には「建物価格を延床面積で割った、一坪当たりの価格」が坪単価とされています。注意したいのはあくまで建物価格のため、外構や諸費用が含まれていない点です。大体ですが建物価格に300~500万程度を足した額が最終的な金額になります。ではそれを踏まえて坪単価について具体的に解説していきたいと思います。

●坪単価はそのハウスメーカーの実績に基づいた金額

 坪単価を解説する上で、一番基本的なことで一番大事なことを最初に説明しておきます。坪単価というのは、最初に書いたように「建物価格を延床面積で割った一坪当たりの価格」です。ハウスメーカーの比較をしたい際に、よくホームページなんかでみかけるハウスメーカー別の坪単価というものは、恐らくそのハウスメーカーがこれまでに建ててきた住宅の実績に基づいて算出されてると思います。
 そしてこの各ハウスメーカーの坪単価ですが、実績に基づいているため、そのハウスメーカーが建てる一般的な広さや設備が反映されているということになります。少し分かりづらいかもしれないですが、これはとても重要なことです。下記に分かりやすい例を示してるので、まずはそちらから確認してみましょう。
 
【A社】
よく建てる延床面積:35坪
使用材料のランク:B
構造体や外壁のランク:B
設備のランク:B
建物価格:2000万円
坪単価:2000÷35≒57万円
【B社】
よく建てる延床面積:40坪
使用材料のランク:A
構造体や外壁のランク:A
設備のランク:A
建物価格:2600万円
坪単価:2600÷40=65万円
 この例を見るとA社はコスト重視でB社は質を重視しているのが分かると思います。ではあなたが建てたいマイホームが40坪で使用材料のランクはA、構造体や外壁のランクもA、設備もAの場合、どちらのハウスメーカーが良いでしょうか?分かりやすい例として下に示してみます。
 
【A社】
基本価格:57×40=2280万円
使用材料のランク:B→A(+50万円)
構造体や外壁のランク:B→A(+100万円)
設備のランク:B→A(+200万円)
建物価格:2630万円
【B社】
基本価格:65×40=2600万円
使用材料のランク:A
構造体や外壁のランク:A
設備のランク:A
建物価格:2600万円
   あなたが建てたいと思っている条件で試算するとB社の方が安くなる結果になってしまいました。もちろん実際はもっと色々な条件が複雑に絡み合うため、こんなに分かりやすい例のようにはいきません。
 ここで一番伝えたいことは何かと言うと「あなたが建てたいと考えるマイホームの仕様を標準としているハウスメーカーを軸に計画した方が良い。」ということです。ハウスメーカーというものはよく使う材料だったり、付き合いのある会社やメーカーなどがあり、そういう関係性の中でコストを安くしています。そのためそのハウスメーカーの標準として計画できるものは安く仕入れられますが、標準ではないものに関しては割高になる傾向があります。そのため上記のA社の例のように標準よりも色々とグレードを上げると、上のグレードを標準としているB社の方が安くなる可能性があるのです。また当然ですが上に書いたA社とB社はB社の方が大手ハウスメーカーになりますので、さらに色々と細かい点でも有利になります。
 実際に計画する際には上記のような単純な考え方が出来るわけではありませんが、坪単価という言葉に惑わされないように、自分が建てたいと考えているマイホームと予算をしっかり把握することが大事です。まぁ言葉にすればとても基本的なことですが、大事なことです。